老廃角質が溜まるとどんな影響があるの?

様々なお肌のトラブルの原因の一つは"老廃角質"かもしれません。
そんな老廃角質が溜まるとどんな影響があるかをお話ししましょう。
角質が厚くたまった老廃角質のお肌は様々なトラブルを招きます。

例1 シミ
紫外線の刺激を受けると体内でシミのもととなるメラニン色素が作られます。
このメラニン色素は通常だと数ヶ月でターンオーバーにより体外に排出されますが、角質が厚くなっているとメラニン色素が排出されにくくなり、そのままシミとして残ってしまいます。

例2 毛穴トラブル
角質が厚くなると肌のキメが乱れて毛穴が大きく広がります。
ここに古い角質や皮脂、汚れが入り込み、白い塊状の角栓になります。これが酸化して黒ずむことで黒ずみ毛穴や、イチゴ鼻になります。

例3 ニキビ
硬くなった角質(角栓)が毛穴の出口をふさぎ、皮脂が排出されずたまりやすくなります。
ニキビの原因となるアクネ菌はこれをエサとするので、毛穴の中でアクネ菌が増殖してしまい、ニキビになってしまいます。

例4 乾燥
生活環境などからターンオーバーのサイクルが乱れ、角質層にある水分保持機能である天然保湿因子(NMF)やセラミドが不足し、化粧水などのスキンケアなどで補っても浸透しにくくなります。
こういったトラブル解消のためにも、垢となって洗顔などで自然に剥がれ落ちる事のできなくなった老廃角質をきちんとケアしてあげる事が重要なのです。

老廃角質がお肌に与える影響、お分かりいただけましたか?
定期的な角質ケアでトラブルのない輝くお肌を手に入れたいですね!

一覧へ戻る