肌のトラブル・化粧ノリが悪いのはなんで?

透明感のある輝くお肌はいつでも憧れますよね。
でも実際はキメが乱れてくすんでいる、触るとザラザラ、ゴワゴワして化粧ノリが悪いなんて状態になっていませんか?

ケアをしているのにどうしてお肌はつるつやの状態にならないのでしょうか?
そんな悩みがあるあなたに、今回はそのお肌のトラブルの原因についてお話ししたいと思います。

顔の肌トラブルの原因、それは"老廃角質"かもしれません。

"老廃角質"ってなに?
老廃角質とは、古い角質タンパク質やアミノ酸のことで、これらが必要以上に厚く積み重なった状態が原因で様々な肌トラブルを引き起こします。トラブルを解決したくて様々なスキンケア化粧品を試すこともあると思いますが、老廃角質がどんどん積み重なって厚いままだとせっかくのスキンケアも効果を十分に発揮できません。トラブルのケアは原因である老廃角質を取り除いてあげる事が大切なのです。

顔に角質がたまってしまう原因はなに?

肌はターンオーバーと呼ばれる細胞の新陳代謝によりおよそ28日の周期で生まれ変わっています。古くなった角質は自然と剥がれ落ちていきますが、このサイクルが乱れると古い角質の適切な排出が困難となり角質がたまってしいます。

正常なターンオーバー

乱れたターンオーバー

こうした老廃角質が溜まっていくと、肌のトラブルが起こって、化粧ノリも悪くなるのです。
肌を健康的に美しく保つためには、溜まった老廃角質を取り除くサポートをして適切なターンオーバーが出来るように促してあげることが大切です。
老廃角質がたまったままだとどんな影響が出てしまうのでしょうか?
次回はこちらについてお話します。お楽しみに!

一覧へ戻る