クレンジングにはどんな種類があるの?

クレンジングが大切なのはわかったけど、クレンジングは色々あってどれを選んで良いかよくわからないということ、ありませんか?
ここでは、いろいろなクレンジングとその特徴を紹介いたします。ぜひクレンジング選びの参考にしてくださいね。

【オイルタイプ】
<メリット>
なじみ◎
洗浄力◎
さらっと軽い
<デメリット>
粘度が無い為、肌の摩擦が起きる事も
スッキリ落ちすぎるので、洗顔の後は、ツッパリ感がでる方も

【リキッドタイプ】
<メリット>
なじみ◎
洗浄力◎
さらっとしている
<デメリット>
肌になじませている間の肌滑りがとても重いので肌への摩擦も
油分が含まれない分界面活性剤の量が多く、刺激になることも

【ジェルタイプ】
<メリット>
なじみ◎
洗浄力〇
弾力のある肌触り
<デメリット>
メイクとの密着が悪いためメイクの落ち具合が少し悪い場合も

【クレンジングクリーム】
<メリット>
なじみ〇
洗浄力△
保湿効果が高い製品が多い
クレンジング後のお肌のツッパリ感が少ない
オイル成分の配合量が少ないため、肌トラブルが起きにくい
<デメリット>
オイル成分の配合量が少ないため、メイクの落ちがあまりよくない
洗い流すタイプ、拭き取るタイプともに、ダブル洗顔が必要となる
べたつきが気になる方は苦手。

【ミルクタイプ】
<メリット>
なじみ〇
洗浄力△
オイル成分の配合量が少ないため、肌トラブルが起きにくい
洗い流すタイプまたはふき取るタイプの2タイプがある(両用もある)
<デメリット>
濃いメイクが比較的落ちにくい

【バームタイプ】
ここまでに紹介した一般的なクレンジングに加えて最近注目を集めているクレンジングがバームタイプのクレンジングバームです。固形状のテクスチャーが、肌にのせると体温でとろけてオイル状に変化するクレンジングです。クリームタイプとオイルタイプの両方の利点があり、洗浄力と保湿力の高さが特徴です。

クレンジングといっても様々なタイプがあります。ぜひこのコラムをクレンジング料を選ぶヒントにしてくださいね。
日々の疲れや眠さがクレンジングタイムより勝る時には手軽なふき取りタイプに頼っても良いかもしれません。
でも、時間に余裕がある時はお肌の状態をチェックしながら、丁寧なクレンジングをすることをおススメします。
手軽にスッキリメイクオフできて美肌効果もあるMiimeowクレンジングバームは健康的に輝くお肌を目指すあなたを応援しています。

【ミメオクレンジングバーム】http://www.miimeow.com/?mode=f28
出典:
http://kirei-bu.com/cleansing-178.html
https://hadalove.jp/cleansing-3338
http://media.k-cosme.jp/cleansing
https://hadalove.jp/cleansing-balm-79086

一覧へ戻る